包丁

用途によってわけられる出刃包丁について

和包丁は用途によって様々な種類が存在します。けれども、出刃包丁は本来魚を捌くために作られた包丁になります。そのため、出刃包丁は魚の頭を落としたり、骨ごとぶつ切りにすることができる上に3枚におろすことができます。よって、出刃包丁は魚をおろすことに特化して作られている包丁になります。また、出刃包丁は魚を効率よく捌くために独特の形状をしています。
包丁の刃は頑丈となり重くなっているので、魚を骨ごと切っても刃こぼれしにくいです。その上、出刃包丁自体に重みがあるので、最小限の力で魚がぶつ切りにできるように作られています。そして、出刃包丁は片刃なので両刃より強度があるだけでなく長持ちします。つまり、魚をおろす際には骨ごと切ることが多い影響により、出刃包丁のように強度がある片刃が使われる傾向があります。
ちなみに、両刃よりも片刃の方が長持ちする上に、出刃包丁の切れ味が良いのは刃に角度をつけることができるからだとされます。なぜなら、両刃の包丁だと両側に刃をつけるので、刃の角度が浅く刃自体も薄くなるからです。そのため、両刃の包丁は細かい細工や食材を薄く切るのには向いていますが、出刃包丁のように固いものを切るのには適していません。魚を効率良く捌くのに特化した出刃包丁は、片刃の包丁となるので両刃の包丁より強度があるので固いものを切るのに適しています。

Contents

出刃包丁を使って魚料理を楽にしよう

魚を調理するときに、必須なのが包丁ですよね。しかし、包丁によっては切りにくく、大変な思いをします。そんな厄介な魚を調理するときに、楽にしてくれるのが出刃包丁です。そこで、この記事では出刃包丁について説明していきたいと思い…

MORE

出刃包丁と普通の包丁の違いはどこ?

私たちが料理をする際に必ず使用する刃物「包丁」、実は私たちが想像している包丁とは、家庭用に何でも切ることが出来るよう作られた「三徳包丁」というものです。包丁の中でも有名な「出刃包丁」というものがありますが、それと三徳包丁との相違点はどこ…

MORE

使うと便利さが分かる

出刃包丁のその機能や歴史また今、流行りの万能包丁との違いについて、細かく分かりやすく項目別にして記載したいと思います。【1.出刃包丁】出刃包丁とはおおよそ刃渡りが10センチから20センチまでの物で、先端部分から峯の部分にかけて、分厚さが…

MORE

用途によってわけられる出刃包丁について

和包丁は用途によって様々な種類が存在します。けれども、出刃包丁は本来魚を捌くために作られた包丁になります。そのため、出刃包丁は魚の頭を落としたり、骨ごとぶつ切りにすることができる上に3枚におろすことができます。よって、出刃包丁は魚をおろすことに…

MORE

Update List

TOP