包丁

これからは三枚おろしに出刃包丁を

いつも万能包丁で魚をおろしている皆さん、普通の包丁じゃ力不足?と思っている皆さん、今回はそんな方への出刃包丁のご紹介です。
出刃包丁を使うとこんなメリットが。第一に、魚の頭を楽に断つことができます。重く厚手なつくりは固い骨を切るためのもの。魚専門の包丁の本領です。
もう一つは、刃渡りが長いのできれいにおろせることです。パン切り用のナイフは、細身なのに刃がやたら長く作られていますよね?出刃包丁もこれと同じ。刃が長ければ、少ない回数で切ることができますし、刃先を入れることで身を崩すこともありません。滑らかな断面は感動モノです。
出刃包丁は頑健に作られた切れ味のよい包丁、何でも切れそうに見えますが注意点が二つ。第一は冷凍食品に使わないこと、第二は体重をかけて切ろうとしないこと。どちらも刃を傷める要因になります。
初心者の方なら、丈夫なステンレス製がベター。錆びなくて扱いやすいですが、注意点が一つ。レモンのような酸性の食材を切ったまま放っておくと、表面の酸化被膜のコートがはがれてさびてしまいます。使用後は洗うようにしましょう。
一方、長く使いたい方はやっぱり鋼がベスト。研ぐことで、使い続けることができます。硬さが持ち味のステンレスでは、研ぐことは逆に難しいのです。

切れ味抜群の出刃包丁の選び方

一般的な家庭用の包丁と違い、重量も切れ味も抜群な出刃包丁、そんな出刃包丁を買おうとした時に迷ってしまうのが、どんな大きさの出刃包丁を買ったらいいのかという点だという人が多いのではないでしょうか。じつは一言に出刃包丁といっても、大きさや種類はさまざまなものがあり、かなり慎重に選ばなければせっかくの高い買い物が台無しになってしまうというケースも少なくありません。
そこで初めて出刃包丁を購入際におススメなのが、150㎜の出刃包丁を買うということです。150㎜よりも小さい100㎜も人気があるのですが、少し大きな魚になると100㎜の出刃包丁ではすぐに力不足になってしまいます。そこで150㎜の出刃包丁を買っておくことをおススメするのです。150㎜の出刃包丁なら、小さな魚はもちろん、結構大き目の魚間で問題なくさばくことができます。
3枚おろしや2枚おろしから、頭を落としたり切り身にしたりすることまで、150㎜の出刃包丁なら万能に対応することができます。刃も非常に丈夫で、よほどのことがない限りは切れ味が落ちない、とても使いやすい包丁として長く重宝することができます。出刃包丁を購入する際には、初めてだからと小さめを購入するのではなく、ぜひ150㎜の出刃包丁を買って気持ちのいい切れ味を体験してみてください。

出刃包丁の種類と基礎知識

出刃包丁は和包丁の一つで魚を捌く為に使用される包丁です。包丁の中でも頑丈で切れ味も良いので最近では肉を切る時でも使用される事が多いです。また出刃包丁は種類も豊富なので基礎知識としてしっかり覚えていきましょう。
【本出刃包丁】出刃包丁の中で最も使用される事が多いのが本出刃包丁です。刃渡りが15センチ以上の出刃包丁を本出刃包丁と呼んでいて魚を捌くのに適している包丁です。魚は骨を落とす必要もあるので骨ごと切る事も可能な本出刃包丁を使用するとスムーズの魚を捌く事が出来ます。
【中出刃包丁】出刃包丁の中で薄手に仕上げられた包丁を中出刃包丁と呼んでいます。刃の厚みが薄いので本出刃包丁と比べると切れ味が悪くなってしまいます。それにより骨を切る時に時間がかかってしまいますが、軽量で使い勝手が良いので刺身を仕上げる時などに使用するのが適した包丁です。
【身卸包丁】出刃包丁の中で刀身の幅が狭くて刃が薄いので魚を下ろしやすい包丁です。刺身を仕上げる用途で使用される事が多いですが、野菜を調理する時に使用される事も多くなってきています。中出刃包丁と同様に軽量で使い勝手が良いのが特徴の包丁です。出刃包丁は種類はこのようにあるので実際に出刃包丁を使用する時にしっかり頭に入れておくといいでしょう。

Contents

出刃包丁を使って魚料理を楽にしよう

魚を調理するときに、必須なのが包丁ですよね。しかし、包丁によっては切りにくく、大変な思いをします。そんな厄介な魚を調理するときに、楽にしてくれるのが出刃包丁です。そこで、この記事では出刃包丁について説明していきたいと思い…

MORE

出刃包丁と普通の包丁の違いはどこ?

私たちが料理をする際に必ず使用する刃物「包丁」、実は私たちが想像している包丁とは、家庭用に何でも切ることが出来るよう作られた「三徳包丁」というものです。包丁の中でも有名な「出刃包丁」というものがありますが、それと三徳包丁との相違点はどこ…

MORE

使うと便利さが分かる

出刃包丁のその機能や歴史また今、流行りの万能包丁との違いについて、細かく分かりやすく項目別にして記載したいと思います。【1.出刃包丁】出刃包丁とはおおよそ刃渡りが10センチから20センチまでの物で、先端部分から峯の部分にかけて、分厚さが…

MORE

用途によってわけられる出刃包丁について

和包丁は用途によって様々な種類が存在します。けれども、出刃包丁は本来魚を捌くために作られた包丁になります。そのため、出刃包丁は魚の頭を落としたり、骨ごとぶつ切りにすることができる上に3枚におろすことができます。よって、出刃包丁は魚をおろすことに…

MORE

Update List

TOP